keiryoukawohakaru

ロードバイクやクロスバイクといったスポーツ自転車は、完成車として販売されている時点で非常に軽量な作りになっています。
一般的なシティサイクルが20kg近い重さがあるのに対し、クロスバイクであれば10kgから12kg、ロードバイクであれば10kg以下という重量であることが珍しくありません。

もともと軽く作られているロードバイクやクロスバイクを軽量化する意味は、登坂能力を高めるためです。平坦路では重量が影響することは少ないですが、坂を登るときは自転車そのものの重量が重いとペダルを漕ぐのにより大きな力が必要になるため疲労が溜まってしまうのです。自転車そのものの重量が軽ければ、少ない力でペダルを漕ぐことが出来るため、軽快に坂を登れるようになります。

また、スポーツ自転車で坂を登る機会といえばヒルクライムイベントです。ヒルクライムは富士山や榛名山といった地方の山で開催されることが多いため、自転車を専用の袋に収納して電車などに持ち込む輪行で移動することが多いはずです。その際も、自転車が軽ければ軽いほど持ち運びが楽になるため、坂を登るために軽量化することは一石二鳥の効果があると言えるのです。

スポーツ自転車の軽量化ポイント

ロードバイクやクロスバイクといったスポーツ自転車は、フレームに様々な部品を取り付けることで自転車として機能する構造になっています。そのため、軽量化するポイントはフレームそのものを軽いものに交換するか、部品一つ一つを軽いパーツに交換していくことになります。

フレームは軽量化する余地が無いため、設計段階から軽く作られているフレームを選ぶことが重要です。一般的にカーボン素材のフレームであれば軽く、アルミやクロモリといった素材では重くなってしまいます。

フレームに装着するパーツは選択肢が非常に多く、軽いパーツを選ぶことが出来ます。パーツの種類によって重量差が大きいのはホイールやタイヤ、フォーク、そしてコンポーネントです。

しかし、ロードバイクやクロスバイクのパーツは軽ければ軽いほど価格が高くなってしまうのが難点です。重量と価格のバランスが取れたパーツを選ぶようにしましょう。

意外と見落としがちなのが、自転車に乗る人の体重です。坂道でペダルを漕ぐために必要な力は自転車の重量と乗り手の体重を合計した重さで決まります。自転車だけでなく、乗り手の体重を減らすことでも坂を登りやすくなるのです。

ロードバイクの軽量化

triathalon-cycling-racer-618750_640ロードバイクを軽くするには、フレームの選択が最も重要になります。

フレーム素材はカーボン以外に考えられません。カーボンは衝撃に弱いものの、自転車のフレームに使われる素材の中では群を抜いて軽いのです。現在ではフレームのみの重量が700gを下回るものが登場しているほどです。

フレーム以外では、自転車の主要パーツであるコンポーネントが重量に大きく影響します。コンポーネントはグレード別に分けられており、プロロードレーサーも使用する最高級コンポーネントと初心者向けの普及価格帯のコンポーネントでは重量が700gから800g程度違うのです。完成車の重量が10kg以下のロードバイクなので、10パーセント近い差があると言いことになります。操作感や耐久性も異なるので、可能な限り高級なコンポーネントを選ぶと良いでしょう。

また、価格によって重量が異なるのはホイールも同様です。購入した時点で自転車に取り付けられているホイールは両輪で2kg近い重さがありますが、カーボン素材を使用したホイールは1.5kg程度になります。カーボン素材は軽いことに加え路面からの衝撃も緩和してくれるため、高価でも選ぶ価値はあるのです。

クロスバイクの軽量化

クロスバイクの場合、フレームの素材はアルミが使用されていることが多いためフレームの交換による軽量化は困難です。そのため、パーツの交換によって軽くする必要があります。

まずはフォークです。クロスバイクの完成車にはアルミ製のフォークが装備されていますが、カーボン製のフォークに交換することで軽くなるうえにハンドルから伝わってくる衝撃が抑えられるため疲労しにくくなります。

ロードバイクと同じように、クロスバイクでも軽いホイールを選ぶことが重要です。しかし、クロスバイクの場合はホイールを装着する場所であるエンド幅の規格がロードバイクと異なる場合があるため、自分のクロスバイクで使用できるホイールであるかを確認する必要があります。
また、初期装備のタイヤはコストを重視している両輪で1kgほどの重いタイヤであることが多いため、1本300g程度の軽いタイヤに交換すれば、両輪で600g程度の軽量化になります。

そして、クロスバイクにはスタンドが付属していることがあります。自立することは出来なくなりますが、スタンドを外してしまえば、500gから800g程度車体を軽くすることが出来るため有効な手段です。