heikinsokudo

ロードバイクやクロスバイクは一般的なシティサイクルとはサドルの高さやハンドルの位置といったフレーム設計が異なるため、シティサイクルと同じ感覚で乗ることはできません。ロードバイクやクロスバイクならではの乗り方や降り方を練習する必要があるのです。

また、正しい姿勢で乗ることでより快適に走行することが可能になり、速度を出したり長距離を走ることができるようになります。
乗り方には、交通法規を守るということも含まれます。現在では多くの人が自転車は歩道を走るものだと認識していますが、自転車は軽車両に含まれるため車道を走るべきなのです。こういった知識を身に付けることもロードバイクやクロスバイクを乗るために必要なことなのです。

基本的な乗り方をマスターしたら、平均速度を上げられるように努力すると自転車の魅力をより体感できるようになります。

平均速度が上がれば目的地に速く到着できるだけでなく、自分の力で速く走れるということがロードバイクやクロスバイクに乗ること自体を楽しくしてくれるのです。いつの間にか、自転車で目的地に行って観光などを楽しむより、自転車に乗ることそのものが楽しくなるはずです。

漕ぎ出しと停車の方法

ロードバイクやクロスバイクは適正なサドル位置が高く、座った状態で地面に足が着きません。

そのため、漕ぎ出しや停車にはコツがあります。漕ぎ出すときは、まずトップチューブを跨ぎ、ハンドルに手を掛けて上半身を支えながら右足を右のペダルに乗せます。そして右のペダルを踏みながらサドルに座り、左足を左のペダルに乗せて漕ぐのが正しい乗り方です。

停車するときはブレーキを掛けて速度を落とし、完全に止まる前にフレームを跨ぐようにしてサドルの前に降ります。慣れないうちはサドルに座ったまま片足を地面に着けてしまいがちですが、それでは落車の危険性があります。

また、ロードバイクの場合はビンディングを使用することが多いです。ビンディングとは、シューズとペダルを固定することでペダルを漕ぐ際に踏むだけでなく引き上げることが出来るようになり、効率の良いペダリングが出来るようになる装備です。

ビンディングを装備している場合は、ペダルとシューズを合わせる必要があるため手間取ってしまいます。公道に出る前に練習しておきましょう。重要なのは、足下を見ずに付け外しができるようになることです。公道で足下を見ていると、自動車の接近に気づかないことがあるためです。

ロードバイクやクロスバイクに乗るときの交通法規

bike-467598_640自転車に乗るときは交通法規を遵守することが重要です。ロードバイクやクロスバイクはスピードが出るため、特に注意する必要があります。

ロードバイクやクロスバイクに限らず、自転車は軽車両に分類されるため緊急時を除き車道を走らなければなりません。車道では左端を走行することになっており、左側からの追い抜きは禁止されています。路上駐車している自動車を避けるときは、後方車両に注意して右側から避けるのです。

法律で装着が義務づけられている装備もあります。公道を走る自転車は、ベルと前照灯、そして尾灯もしくは反射板を装着していなければなりません。ロードバイクやクロスバイクの完成車には付属していないことが多いので、別売りのベルやライトを購入して装備する必要があります。

また、ロードバイクやクロスバイクは原付バイクと同じ速度で走行することも可能です。しかし、原付バイクと違いヘルメットの着用が義務づけられていないため、事故が起きたときに怪我をする危険性が非常に高いのです。

事故は自分に落ち度が無くても発生することがあります。万が一のことを考えて、ヘルメットを着用して走るのが正しい乗り方だと言えるのです。

ロードバイクやクロスバイクにおける平均速度とは

平均速度には、走行距離を走り終えるまでにかかった総時間で割ることで算出するグロス速度と、走行距離を信号待ちや休憩時間などを含めずに純粋に走行していた時間で割る巡航速度の二種類があります。

サイクルコンピューターで平均速度を測ることが出来ますが、信号待ちや休憩時間などで停車していた時間は自動的にタイマーがストップし、平均速度の計算に反映されない仕様になっています。ほとんどの場合、平均速度はサイクルコンピューターに表示される数字で確認するため、平均速度とは巡航速度を指す場合が多いのです。

しかし、ロングライドや400km以上の距離を走るブルベなどの練習をする場合は、休憩時間なども含めた速度が重要になるため、平均速度の測定方法を変更できる高性能なサイクルコンピューターを利用してグロス速度を計測することが必要になります。

ロードバイクの場合、時速25kmを越える平均速度で1時間以上走り続けられれば初心者の域を脱したと判断できます。クロスバイクの場合はロードバイクに比べて速度の維持が難しいため、時速22km程度が目安になります。
速度を上げることに夢中になりすぎて事故を起こさないように注意しましょう。