tounanbousi

ロードバイクやクロスバイクはしっかりしたものを購入するとそれなりにいいお値段になってしまいます。
ディスカウントショップなどで売られている、いわゆる「なんちゃってスポーツバイク」であれば数万円程度で購入することもできますが、きちんとしたロードバイクやクロスバイクと比べると走行性能は天と地の差があります。

信頼できるメーカーのスポーツバイクを購入するとなると、ロードバイクならエントリーモデルであっても本体だけで十万円程度はやはり必要になります。クロスバイクは一般的にロードバイクより安価ではありますが、やはりちゃんとした作りのものを買おうと思うと五万円程度は出す必要があるでしょう。
その他に更にメンテナンス用の道具であったり、ヘルメットであったり、自転車に取り付ける小物であったりと、細かなパーツを揃えていくことになるでしょうから、やはりどう考えても安い買い物ではありません。

しかしそれだけのお金を払う価値がスポーツバイクにはあります。一度乗ってみたらその快適な走行性能に病みつきになってしまうこと間違いなしです。

乗っているうちに自分のロードバイクやクロスバイクに愛着がわくようになり、自然と自転車に乗る頻度が上がっていく頃には、もはや立派なサイクリストの一員です。

ロードバイクとクロスバイクは盗難が怖い

ロードバイクやクロスバイクを日常的に使用するにあたって、何が心配の種かといえばやはり盗難被害ではないでしょうか。
一般的なママチャリなどのシティサイクルは、二十キロくらいの重量があるとされています。それに比べ、クロスバイクは十二キロ程度から軽いものなら十キロを切る程度、ロードバイクはその軽いものよりもさらに軽いといった具合です。ママチャリに比べてどちらが盗みやすいかは考えるまでもありません。

また、スポーツバイクはシティサイクルに比べて部品の一つ一つが高価なことが多く、かつ知っている人ならば簡単に取り外すことができます。
つまり普通に鍵をかけているだけでは、鍵のかかった状態で持ち去られ、人目につかないところでじっくり部品を解体して売り払われてしまうことが起こりやすいのです。

町中だけではありません。集合住宅に住んでいる人などでは、共同の駐輪場に自転車を置いておいたのに盗まれてしまったということもあります。そのためマンションの駐輪場は使わず自室に持ち込んで保管しているという人も少なくはありません。

ロードバイクやクロスバイクはその走行性能から、行動範囲をぐんと広めてくれることでしょう。ちょっと遠出して気になるお店があったから覗いてみよう、そんなことを考えたときに、自転車を駐輪して離れている間に盗まれていたらどうしよう、などと不安を感じてしまうのでは、せっかくの楽しさも半減してしまいます。

スポーツバイクの盗難防止には

castle-838357_640では盗難防止のためには何が有効となるのでしょうか。

まず、よく言われるのは地球ロックという鍵のかけ方です。これは電柱やガードレールなどの地面としっかりくっついていて離れない設置物と、自転車を結ぶような形でロックをかける方法です。これならば軽量なロードバイクやクロスバイクであってもそのまま鍵を壊さず持ち去ることはできません。
とは言え地球ロックだけでは盗難防止にはまだ不安が残ります。

地球ロックに加えて、頑丈な鍵を複数使うことでより安全性は高くなるでしょう。盗難をしようとする人は、時間や手間をかけることを嫌います。時間や手間をかければかけるほど、人目につく可能性が高くなるからです。できるだけ手早く簡単に盗めそうな自転車を探しているのですから、壊しにくそうな鍵がたくさんついていれば、面倒に思われ、目をつけられる可能性も低くなるでしょう。

その他にも、管理人が常駐しているような信頼できる駐輪場を探すことや、ライトやサイクルコンピューターなどの取り外しが可能なパーツは取り外して持ち歩くことなど、盗難防止のためにできることはいくつかありますが、しかし残念ながら盗難の可能性をゼロにすることはできません。

スポーツバイクの保険とは

さて、昨今の自転車ブームの影響のせいでしょうか、サイクリスト用の保険にもいろいろなものが登場しています。

まず自転車保険といえば自転車事故で怪我をした際の医療保険であったり、加害者になってしまった場合の賠償保険があります。ロードバイクやクロスバイクのようなスピードの出る自転車では大きな事故になってしまう可能性が高いので、そういった保険に加入しておくことは大切です。
また、嬉しいことに自転車の盗難に備えた保険もいくつか種類が出てきているようです。

ただ、どんな状況での盗難でも保証されるかというと当然ながらそうではなく、しっかり盗難防止対策をしていたにも関わらず盗まれてしまったという場合のみ保険が適用される場合が多いようです。また、補償されるパーツに制限がある場合もあるようです。

しかしどんなに盗難防止対策に努めていても盗まれるときは盗まれてしまうというのが現実です。盗まれた自転車が再び自分のもとに戻ってくる可能性は限りなく低いです。ですから愛着のある自転車が盗まれてしまったとき、多少なりとも補償があるというのは、ロードバイクやクロスバイクを日常的に使う人にとっては心強い味方であり、駐輪時の安心に繋がるのではないでしょうか。