ro-dobikekakaku

ロードバイクやクロスバイクといったスポーツ自転車は、車種によって値段の差が非常に大きいのが特徴で、特にロードバイクでは10万円以下の車種から100万円を超える車種まで幅広く、値段の差が大きい理由を知りたい人も多いはずです。

ロードバイクやクロスバイクは、フレームにハンドルやコンポーネント、ホールなどのパーツが装備されている構造になっていて、値段の差はこのフレームとパーツのグレードによって付くのです。

ロードバイクやクロスバイクのフレームは、大きく分けてアルミ、カーボン、クロモリという素材が一般的で、採用されている素材によって値段が大きく変わり、現在ではアルミとカーボンが多く使われています。最も低価格なのはアルミで、ほとんどのクロスバイクはアルミ製のフレームです。素材そのものの価格が安く、加工しやすいために低価格の自転車が製造できますが、乗り心地は悪く、すぐに疲れてしまうのが難点です。

最も高価なのはカーボンです。非常に軽量なことに加え振動吸収性に優れ、長時間に渡って走行していても疲れが出にくいのが特徴ですが、素材の価格が高いうえに加工が難しいため高価な自転車になってしまいます。レースに出たりする方の多くはカーボン素材の自転車に乗っているので、そういった目的の方はカーボンフレームの自転車を選択すると良いでしょう。

フレーム以外のパーツでも価格差が出る

bike-671032_640フレームの素材以外でも、使用されているパーツによって価格が変わります。

自転車のパーツで重要なのは、コンポーネントとホイールです。コンポーネントとは、ギアやブレーキ、変速レバーなど自転車を構成する主要部品セットのことで、性能によってグレード分けされていて、高価格なコンポーネントはプロレーサーが使用している部品と同じもので、ブレーキの効きが良かったりスムーズに変速が出来るなど部品ごとの精度が高くなっています。

低価格な車種は、グレードが低く安いコンポーネントが使われているため、ブレーキの効きをはじめとする部品の性能は必要最低限であることが多いのです。

自転車の走行性能はホイールによっても大きく左右されます。ホイールによって衝撃吸収性や剛性に違いがあり、さらに自転車は軽ければ軽いほど登坂能力が高くなり速度の維持が簡単になるので、軽いホイールを選べばそれだけ楽に走行できます。

高性能なホイールは一般的なホイールと比べると両輪で500グラム近い重量差があります。軽量化をしているために、値段が高くなってしまい、高性能なホイールを搭載しているロードバイクは高価になるのです。

ロードバイクやクロスバイクの価格差はフレームとパーツの違いによって表れ、低価格な車種は性能も低いのです。